印鑑のある生活

イメージ画像

皆さんは、印鑑のある生活をどう思いますか。普段は大事にしまっていて、ほとんど使うことの無い印鑑ですが、大事な場面では非常に重要な役割を果しますから、これらの無い生活は考えられないと思う人もいることでしょう。特に年配の方ほど、印鑑に対する思い入れが大きい人も多いはずです。

大事な場面に印鑑が必ず必要になるのは、日本ならではの光景です。海外の国なら、そういった場面でサインを求められることが多く印鑑を常に持っているというような文化はそれほどないのです。特にアジア圏以外の人は、印鑑へのなじみも少なく、海外の人が日本に来て、はじめて印鑑をつくるということも珍しくないようですよ。

もし、日本でも、印鑑を使わない生活が日常化していたとしたら、どんなかんじになるでしょうか。みんなサインを多用して、成り立つような文化が築けているでしょうか。もしかしたら、最近デジタル技術の発展に伴って増えつつある生体認証の技術が、急速に発展していたかもしれませんね。

拇印も生体認証の考え方と同じですし、印鑑の基本といえるものでしょう。いまでこそ、拇印をするような機会はほとんどないですが、印鑑が手元に無く、急を要する場合には拇印をするようなこともあります。サインと拇印の両方を使うことで、本人であるということを確実なものにするわけです。

時代がすすんでも、日本人にとって印鑑の文化はなかなかなくならないものです。みなさんも、印鑑を大事に扱って、長く大切に使えるように心がけていきましょう。

[メーカー直販!格安印鑑サイト]
印鑑の激安通販【日本印章社】
実印がすぐ必要というときでも安心! 短即日出荷が可能な印鑑・はんこの格安通販サイトです。

このページの先頭へ