ネックレス印鑑

イメージ画像

肌身離さずつけている装飾品というものがありますね。特に指輪は、既婚者なら常につけているという人も多いでしょう。

また、仕事上指輪をはずさなければならない人にとっては、それらを首にかけてネックレスとして身につけるような方法もあります。これなら、仕事中でも常に肌身につけていられますからね。

大事なものというものは、身近においておきたいと思う人は多いはずです。お財布だって携帯電話だって、自分の手元から離れたらとても不安だと思う人もいることでしょう。自分自身に関係する大事なものは、身のまわりにおいておけばいざというときにもすぐに対応できますからね。

そう考えると、印鑑の保管場所は非常に悩ましいものです。それほど頻繁に使うものではありませんから、家にしまっておいたり金庫に入れている人もいるかもしれません。ですが、そうしておくと、いざ必要となったときもしかしたら保管しておいた場所からなくなっているような可能性だってあります。気付いたときには、既に手遅れになってしまうかもしれません。

それならば、肌身離さず持っていれるように印鑑をネックレスにしてみたらどうでしょう。ペンダントトップとして印鑑をつけるわけです。デザインとしてペンダントに相応しいような装飾をつければ露骨に印鑑だというようなイメージはなくなるはずです。さらに、印鑑が必要な場合はいつでも使えますから、うっかり印鑑を忘れてしまうようなこともないでしょう。出歩くときカバンを持たない主義の人は、そうやって首にかけておくことで、手荷物を減らすことが出来ますしね。

このページの先頭へ